2017でた:マジカルエアプラスAC/マジカルエアADの違いは?口コミとレビュー

先日アップリカよりマジカルエアーシリーズの2017年モデルが2月初旬に発売した。
 
筆者は2015年モデルのマジカルエアープラスを現在も利用しているので、今年も店頭で商品のチェックをしてきた。
 

マジカルエアーシリーズについて

おさらいだが、このアップリカのマジカルエアーシリーズは
・マジカルエアーAD
・マジカルエアープラスAC
 
と2種類あり、どちらもB型タイプのベビーカー。
で、「エアーとエアープラス」の違いを一言とでいうと、
マジカルエアー:軽量重視
マジカルエアープラス:軽量だけどちょっと機能UP
 
という感じ。
いずれも4kgもないので超軽量ベビーカーに変わりは無いが、「軽さも大事だけど快適さも気にしたい」という人のためにプラスが存在する。
 
 

2017年モデルの基本スペック

マジカルエアーAD↓

対象:生後7カ月~36カ月(体重15kg以下)
サイズ(開):W445×D760~790×H1025~1045(mm)
           (閉):W445×D315×H950(mm)
重量:3.0kg
リクライニング:118°~135°
バスケット容量:20ℓ
 
マジカルエアープラスAC↓

対象:生後7カ月~36カ月(体重15kg以下)
サイズ(開):W460×D760~790×H1075~1098(mm)
           (閉):W460×D335×H955(mm)
重量:3.5kg
リクライニング:118°~135°
バスケット容量:20ℓ
 
Sponsored Link

基本的にデザイン以外は変更なし

2016年モデルと機能的な変更点は無い模様。
2016年からシート下のバスケットも随分容量が増えたし、特に改良すべき点は無かったということだろうか。
 
2017年のデザインは、マジカルエアーは北欧調の可愛らしいシートに対し、マジカルエアープラスはシート上部にアクセントを効かせた落ち着きのある色味。
 
マジカルエアーAD↓
 
マジカルエアープラスAC↓
デザイン重視で選ぶ人も多いだろうな。
 
Sponsored Link

エアーとプラスの違いをもう少し

先ほど「エアーは軽量重視で、エアープラスはちょっと機能UP」とお伝えしたが、その「ちょっと機能UP」の詳細もお伝えしておこうと思う。
 
1.タイヤがちょっと大きい

左がエアープラス。ボコボコした道が多いならプラスが良いか?

 
2.サンシェードが若干広い

右がプラス。若干シェードが大きめ


 
3.シートが若干広い
エアー:W445×D760~790×H1025~1045(mm)
エアープラス:W460×D760~790×H1075~1098(mm)
こちらも若干だが、プラスの方が広め。
 
 
4.メッシュシートである
エアープラスのみメッシュシートを採用しており、さらにシート後方にも通気口があるため、夏場背中の蒸れを軽減してくれる。
 
シートは濡れてしまうとカビが発生する場合もあるので、乾きやすいメッシュシートを個人的にはおすすめしたい。
ちなみにシート部分はどちらのタイプも着脱可能なので洗える。2015年モデルも取り入れてて欲しかった。
 
再度比較するとこんな感じ。
商品名 マジカルエア マジカルエアプラス
 対象 生後7〜36ヶ月 生後7〜36ヶ月
重量 3.0kg 3.5kg
シート幅  44.5cn  48cm
クッション  ふつう?  やや快適?
 バスケット  20ℓ 20ℓ
シート着脱
サンシェード 浅め? やや浅め?
メッシュシート なし あり
 

さいごに

軽さ重視のエアーか、赤ちゃんの快適さなども考慮したプラスにするか?
あとは2016年モデルと合わせてデザインで選んでしまえば良いと思う。
残念ながら今年は型落ちで値下がり、ということは無さそう。
 
マジカルエアーシリーズに関しては実際に筆者も使用しているので、自信を持っておすすめできる商品!
 
Sponsored Link
 
 
 
Sponsored Link