AB型ベビーカー、スゴカルライトのレビュー。スゴカル compactとも比較

筆者

こんにちは。息子の成長が嬉しくもありちょっと寂しくもある筆者です。
 
ベビーカーで選びで迷う親御さんの助けになるかと思い初めたベビーカーのレビュー。
 
今回はコンビから発売したスゴカルライト。
またまた世のパパとママを悩ませる商品が出てしまった。。
 
実際に店頭でもチェックしてきたので、詳細を記事に残しておこうと思う。

※記事内の写真ははHJ(ベビザラス限定モデル)
 
 

スゴカルシリーズは2種類ある

 
2017年から発売開始したスゴカルシリーズは2018年現在、
 
・コンパクトモデル
・ライトモデル 
 
の2種類ある。
もともとコンパクトモデルが先行販売し、その後ちょっと本体重量が軽めのライトモデルが登場した。
 
MEMO
ライトモデルは2018年に2種類発売している。
・HJ….2018年6月発売
・HK….2018年11月発売
詳細は省くけど、6月のも11月のもそこまで大きな違いはなさそう…
 

基本スペック

 

スゴカルライト HJ
発売年:2018年
メーカー: コンビ
  • 対象:生後1カ月~36カ月 (体重〜15kg)
  • 商品重量:4.6kg
  • 開:W497×D745~880×H1005~1050mm
  • 閉:W497×D480~480×H1020mm
  • リクライニング:125°~170°
  • バスケット容積:座面下容積33ℓ
  • タイヤ直径:15cm
  • シート高さ: 55cm
 

カラーバリエーション

 
それぞれブラックとレッドの2色。
シンプルで落ち着きのあるデザイン。
 
 
Sponsored Link

タイヤについて

直径14cm。
大きくもなく小さくもないといった印象で、一般的なAB型ベビーカーによくあるサイズ。
 
オート4輪対応なので、背面式・対面式にしても操作が楽になる仕様。
筆者はこの機能がついていないベビーカーを一時的に利用し、何かと苦労した。
ベビーカーの使用頻度が高そうなら、オート4輪つきのベビーカーをおすすめしたい。
 
 

サンシェードについて

 
こんな感じで、カバー力はかなりある方だと思う。
UV99%カット&花粉が落ちやすい生地を採用している。
 

折りたたみ


問題なく自立。
 
Sponsored Link

本体重量について

4.6kg。(HJ/HKモデル)
両対面式でさらにオート4輪機能、ハンドルアジャスタまでついて4.6kgはかなり軽い方かと思う。
筆者は160cmの標準体型だけど、4.6kgなら片手でも持ち上げられる。
 
質や重量で比較すると、ライバルはアップリカのラクーナエアーあたりかな…?
ラクーナエアーの口コミと商品レビュー。ラクーナビッテ2との違いは?
 

シートについて

座面に衝撃吸収素材(エッグショック)を使用。
このエッグショック、3mの高さから卵を落としても割れない素材で、コンビが独自に開発したもの。柔らかい赤ちゃんの頭を衝撃から守る。
 

バスケット

 
Amazonによると33ℓ(積載可能容積)。
AB型ベビーカーのなかでは大容量の部類に入ると思う。
 
少なくとも3年はベビーカーをチェックし続けているが、バスケットの容量は年々増えている印象。
0歳のうちは何かと物入りなので容量は多いにこしたことはない。
 

コンパクトモデルとの比較

先に書いたとおり、スゴカルはライトモデルとコンパクトモデルの2種類があり、
ライトモデル:軽さを重視
コンパクトモデル:若干質UP
 
という感じ。
詳細を比較すると、
 
商品名 ライト(HJ) コンパクト(HH)
 対象 生後1〜36ヶ月 生後1〜36ヶ月
重量 4.6kg 4.9kg
サイズ(開)  W497×D745~880×H1005~1050mm W487×D770~950×H870~1070mm
リクライニング  125°~170°  125°~170°
 バスケット(座面下容積)  33ℓ 33ℓ
エッグショック 座面のみ 全面
ハンドルアジャスタ ×
といった感じになる。
 
大きな違いは、
・本体重量
・エッグショックの範囲
・ハンドルアジャスタ有無
 
かと。
価格はそこまで大きな差はなく、数千円程度の模様。
 

まとめ

ということで今回紹介したスゴカルライト、
・可能な限り軽いベビーカーが良い
・でも質にもこだわりたい
・気持ち価格は抑えたい
・操作が楽なのが良い
 
といった方におすすめする。
 
質を落としたくないけどより安さにこだわりたい….
という方はスゴカルの基盤となったモデル「メチャカル」シリーズも推します。
(めっちゃ種類多いけど)
 
以上、参考になると幸いです。
Sponsored Link