手足口病→ぜんそく性気管支炎で入院3回目!? (2歳4ヶ月)

毎年夏になると流行り始める手足口病。
息子は2歳4カ月目にしてはじめてこの病気にかかった。
 
しかし息子の場合は手足口病が引き金となり、三たびぜんそく性気管支炎を発症。
あわや3回目の入院(他の病気も含めたらトータルで5回目)となる事態に。
詳細を記事に残しておこうと思う。
 

手足口病の基礎知識

手足口病はヘルパンギーナ、咽頭性結膜炎と同様、6〜8月にかけて流行る場合が多く、「子供の三大夏風邪」などと呼ばれている。
 

基礎知識を少し。

・潜伏期間:3〜6日
・ウイルス:コクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)他
・感染方法:飛沫・接触感染
・症状:発熱、咽頭痛、手足口付近の発疹(発疹は熱が引いてから出てくることも)
・治癒まで:1週間〜10日
・治療方法:有効なワクチンは無し。対症療法
 
ちなみに手足口病の英語表記は「Hand, foot and mouth disease」らしい。そのままだ。
 
 
以下、息子の病状の経過を残す。
 

1日目:発熱からスタート

7月の終わり頃。
 
保育士さん
手足口病が流行ってきています
 
と聞いて数日後のことだった。
 
朝、熱を測ると37.9。
本人はいつものように元気そうだし、この日は自宅でおとなしくすることに。
 
しかし15時ごろ再度熱を測ると38.2。咳もなく、皮膚にも異常はなし。
息子はふだん一重だが、午後から両目ともパッチリ二重に。
息子の場合、二重は「ちゃんとした病気のサイン」なのだ。。
(治ると一重に戻る)
 
夜、再度検温。38.5。
本人はそれなり元気だが、明らかに体が熱い。
念のため解熱剤を使い、この日は早めに就寝。
夜中起きることなく寝てくれた。
 

2〜3日目:手足口病らしき発疹が増える

翌朝、手・足・顔にポツポツと発疹が。
「あぁー….」と夫と顔を見合わせる。おそらく手足口病なのだろう。
よく「手足口病は口内炎ができてつらい」と聞くが、息子の場合はあまり口の中には出来ていなかった。
むしろ背中やおしりの方が多い。
 
先にも書いたが手足口病に特効薬は無く、安静にする他ない。
この日は週末だったこともあり、おとなしく自宅で過ごした。
 
熱は2日目ですぐ落ち着いた。
 

4日目:登園届けをもらうが..

週も明けたのでかかりつけの病院へ。
 
お医者さんA
うん、手足口病だね。でも熱が引いて2日経ってるから明日から登園していいよ
 
学校保健安全法によると、インフルエンザなど感染力の強い病気は出席停止期間が決められている。
しかし手足口病は対象外。たとえ発疹が出ていたとしても、医師からGOサインが出れば登園が可能。
(保育園や医師の判断によって多少異なるかもしれないが..,)
 
息子の熱は週末に落ち着いてはいたが、発疹はまだまだ残っている。
特におしりのあたりがひどいし、これで明日から登園って本当に大丈夫なのかな?
 
あとウイルス性のものなので塗り薬などは不要とのこと。
 
お医者さんA
発疹は1〜2週間で落ち着くと思うよ。カサブタになってから落ちるから
 
この日は登園届けだけもらい、ひとまず安心して帰宅。
 
が。
 
夜になり、息子徐々に咳をし始める。
筆者
い…嫌な予感…
息子がわずかでも咳を始めると頭をよぎる「ぜんそく性気管支炎」。
すでにこれで2回入院している。
 
今のところ熱は無い…がわずか数時間で救急車を呼ぶほど悪化する場合もある。
この日はいつも飲んでいるモンテルカスト(気管支の収縮を抑制する薬)とホクナリンテープを貼って就寝。
 
しかし朝方咳き込み始めたため、たまらず前回もらった吸入剤を使用。
お守り代わりにと3カ月前に買った吸入器の出番となってしまった。
 
1回目の入院時ほどひどい発作ではなかったが、やはり心配である…
 

5日目:再び病院へ

朝イチで総合病院へ。
今回はいつもの慎重な担当医じゃなかった。
 
お医者さんB
吸入は効いてるみたいだね。自宅で様子見てみて
筆者
でもいつ悪化するかどうか。。抗生剤も出してもらえませんか…?
お医者さんB
え?うん、いいよ
 
が、帰宅後徐々に熱が上がり、夕方には39.3。咳もひどい。
前回と同じ状況だ。再度病院へ。
 
お医者さんB
一応血液検査しよう。問題なければ抗生剤とステロイドシロップ飲ませて、自宅で様子見てみて
お医者さんB
吸入もしてね
 
前回の流れだと9割9部入院だったのだが、担当医が違ったからか自宅療養となった。
明け方発作が出やすいからな….と一抹の不安を覚えながらも帰宅。
 
ステロイドと吸入のおかげでなんとか自宅でしのぐことが出来た。
(とはいえギリギリな感じは否めなかった)
 
お医者さんB
ステロイドは効くんだけど、体の抵抗力が落ちるからね…そこがちょっと心配
 
抵抗力が落ちると再び何かに感染してしまう可能性も高い。
息子は手足口病が引き金となり、気管支炎に移行しかけたので、咳が収まってからも十分な休息を心がけた。
 

まとめ

ということで今回は手足口病よりも気管支炎にヒヤヒヤした約10日間だった。
吸入器は買っておいて良かった。
 
手足口病そのものは、息子はたぶん軽いほうだったと思う。
口内炎がひどくてものが食べられない、ということはなかった。
あと聞いていたような手の甲や足の裏にはほとんど発疹は出ず、腕や足まわり、背中・おしりなどまんべんなく出ていた。
 
発疹の経過としては、
1〜2日目:赤or透明の小さなポツポツ
3〜4日目:赤い平らな発疹
5〜7日目:かさぶたとなり剥がれる
 
という具合だった。
それにしても手足口病、ヘルパンギーナ、溶連菌など….親になって初めて聞く病気がたくさんある。
正直感染を気をつけていても防ぎようがないこともあるし、何とか乗り切るしか無いんだろうな。
 
全国の親御さま…頑張りましょうね。
 
以上、何かの参考になれば幸いです。
 
[nlink url=”https://mama-depot.com/baby_trouble_index/”]
 
 
Sponsored Link